« 結局三津と吉田は河原でまったりして着物を取 | トップページ | 「何やそれ……。 »

2024年3月 4日 (月)

「いやいや無理せんとってくださいよ!」

「いやいや無理せんとってくださいよ!」

 

 

台所に踏み込んで来た三津にアヤメは休んでてと言うがサヤは違った。

 

 

「何かしてる方が気が紛れますもんね。」

 

 

分かってもらえて良かった。三津はこくこく頷いた。顯赫植髮

 

 

「色々考えちゃうんですよ。じっとしてると。」

 

 

まだ向き合う覚悟がない。だったら今は忘れるしかないと思った。

襷掛けをして煮物用の野菜を切るのを手伝った。

 

 

「じゃあ楽しい話をしましょう!そうですねぇ桂様の好きな所を十教えてください!」

 

 

「いきなり?十?」

 

 

「またアヤメは突拍子もない事を。別に二十でも三十でもいいんですよ?」

 

 

「サヤさんの方が無茶言うやないですか。それでどこが好きですか?」

 

 

改めて言われると即答出来ない。

 

 

「良い所も悪い所も全部引っくるめて好きなんだと思うんですけど……。」

 

 

好きってこんなに難しい物だったか?と唸り声を上げた。具体的に言えと言われれば優しいとかかっこいいとか何かしら言葉には出来る。

 

 

「どこが?って言われて,ここ!って言ってもそこは小五郎さんのほんの一部分やからそこだけが好きって訳でも無いし。あれ?難しく考え過ぎ?」

 

 

サヤはいいえと首を横に振る。

 

 

「三津さんの考えはよく分かりましたよ。相手の悪い所も認めて否定せず受け入れるって素敵やなぁって思います。」

 

 

そんな事を素直に言えるサヤこそいい人がいていい恋をしてるのではないかと三津は思う。

 

 

「そう言うサヤさんは……。」

 

 

「私より二人の恋のお話の方がよっぽど楽しい話ですよ?」

 

 

にっこり笑って私はいいのと圧をかけた。

それ以上は聞ける訳もなく苦笑いで分かりましたと引き下がった。

 

 

二人と他愛もない話をして家事をしているのが気を落ち着かせてくれたが,ふと思い出してしまった。

 

 

『前にもこんな事あったっけ。そうや,屯所で勤め始めてすぐの時……。』

 

 

下劣な奴らに襲われかけた。その時は沖田と土方に助けられ,しっかり罰まで下してくれた。

 

 

『あの時は助けてくれたのに…。』

 

 

三津の頬には自然と涙が伝っていた。

 

 

「三津さん……。」

 

 

アヤメの心配そうな声に自分が泣いているのに気付いた。

 

 

「ごめんなさい!前にも壬生で似たような目に遭ったの思い出して……。その時は助けてくれたんですけどね,あの人。」

 

 

言葉と共に堰を切ったように涙が溢れだす。

 

 

「ホンマは優しい人なんです……。鬼ってみんな言うけど優しいんです……。

ここでこんなん言うの不謹慎やって分かってるんですけど,でも人柄知ってるから。

いっつも馬鹿にしてすぐ拳骨落とすし手加減って知ってる?っていっつも思ってたけど,困ったら,助けてくれて不器用やけど優しい……。」

 

 

こんな事二人に話したって分からないのに止まらなかった。

 

 

「ごめんなさい。何の話か分からんのに。」

 

 

「いいえ?三津さんホンマに優しいなぁ……。恨み言一つも言わんとその人の優しい所ばっかり。

だから余計に混乱してはるんですね。三津さんはその人の優しさに触れてるから。」

 

 

三津は何度も頷いた。

 

 

「もうちょっと伝えるにもやり方があったやろうに流石不器用さんってとこやな。会ったら私が引っ叩いてやりたいわ。」

 

 

サヤは笑顔でさらっと吐き捨てた。「それに拳骨?女子にそんなんしてたらそりゃ好きやなんて気付いてもらわれへんわ。

気になるから構いたくなるのも分からんでもないけど。」

 

 

「手加減してくれへんからめっちゃ痛かった……。」

 

 

めそめそ泣きながら少しずつ手を動かした。ここでも役立たずと思われたくない。

 

 

「その不器用さんは三津さんの優しさに甘えてますよね。何しても傍におってくれるって思ってたんやろなぁって思うんですけど。」

 

 

アヤメの言葉に三津はうーんと唸って左側に首を傾けた。

 

 

『甘えるような人ちゃうねんけどなぁ。』

 

 

「失礼するよ。おや,三津ここにいたのかい?」

 

 

台所を覗いて桂は驚いた顔をした。三津も驚いて目を丸くした。

 

 

「お手伝いさせてもらってました。」

 

 

あんまり役に立ててないけどと自嘲した。

 

 

「丁度良かった。夕餉は一緒に食べようかと思って。膳を私の部屋に運んでもらえる?」

 

 

三津は喜んでと頷いた。

頬に残った涙の筋に泣いていたのが分かるが笑顔を向けてもらえた事に桂は安堵した。

 

 

「じゃあ後で。」

 

 

桂は要件だけ済ませてさっさとその場を後にした。

 

 

「何で私の膳もって言ってくれなかったんです?私がここで三津が居るって知らせて差し上げたのに。」

 

 

台所の入口横の壁に背中を預けてた吉田が呟く。

 

 

「あぁ済まない。拳骨の話に気が立って忘れてたよ。」

 

 

「本当に。三津は向こうでどんな扱い受けてたんだか。」

 

 

そう言うと今度は吉田が台所に踏み込んだ。

« 結局三津と吉田は河原でまったりして着物を取 | トップページ | 「何やそれ……。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結局三津と吉田は河原でまったりして着物を取 | トップページ | 「何やそれ……。 »