« そう思うなら聞くんじゃねぇと思わ | トップページ | 結局三津と吉田は河原でまったりして着物を取 »

2024年1月22日 (月)

土方は三津を見る事なく勝手に断った。

土方は三津を見る事なく勝手に断った。

あまりにも単刀直入に否定され弥一は呆然とした。

 

 

「すみませんがこいつは仕事の途中でね。

また改めて其方へ出向きますので今日はお引き取り下さい。」

 

 

土方の醸し出す空気が反論を許さなかった。顯赫植髮

 

 

「突然押しかけて申し訳ありませんでした。」

 

 

弥一は深々と頭を下げると口を一文字に結んで踵を返した。

三津もその背中が見えなくなるのを黙って見てるしかなかった。

 

 

「廊下に掃除道具ほったらかして逢い引きなんかしやがって。早くやる事やって来い。」

 

 

衣紋を掴んでいた手は三津の後頭部を力一杯叩いた。

 

 

「逢い引きって…!」

 

 

「いいから早く仕事に戻れ!」

 

 

三津が大事そうに片腕に抱える風呂敷包みを一瞥して,乱暴に二の腕を掴んで屋敷へと引きずった。

 

 

「土方さん痛いっ!」

 

 

拳骨の何倍も痛かった。

握り潰そうとしてるのかと思うぐらい。

 

 

『また怒らせた…?』

 

 

何をどう謝ればいいのか,三津には分からなかった。意気消沈で屯所を後にした弥一の前に,巡察を終えて帰って来た隊士の列が見えた。

 

 

その先頭を歩く人物に見覚えがある。

道の端に避けてじっとその顔を見つめた。

 

 

「あ…あなた…。」

 

 

忘れもしない。三津と仲睦まじい様子で歩いていた男だ。

 

 

「あ!以前お会いしましたね!えっと確か…。」

 

 

弥一に気付いた総司は足を止めた。

一緒に足を止めた隊士達には先に戻るように促して道の脇に避けた。

 

 

「弥一と申します。新選組の方でしたか。」

 

 

「そうだ!弥一さん!私は沖田総司と申します。

今日はどうされましたか?三津さんにご用ですか?」

 

 

弥一が壬生まで赴く用事に,それ以外無いのは分かってる。

 

 

『確かあの時三津さんは弥一さんに会うのは気まずいって言ってたような…。』

 

 

弥一の表情も暗く沈んで浮かない顔。

もしや会ってもらえなかったのか。

 

 

「ええ,届け物を。ですがお仕事の途中で呼び立ててしまったものですから,三津さんが土方様に怒られてしまって…。」

 

 

「あぁ,そうでしたか。」

 

 

彼の事だから弥一の前だって気にもせず,怒鳴ったんだろうと想像出来た。

 

 

沈んだ表情は三津を思っての事ならば納得がいく。

すると今度は怪訝な顔をする。

 

 

「もしや三津さんを屯所に呼び寄せたのはあなたですか…?」

 

 

「まさか!土方さんですよ!

三津さんが土方さんに恩があるとかで連れて来たんですよ。」

 

 

どっちかと言うと私は甘味屋の看板娘に戻って欲しいんだと困ったように笑った。

 

 

「そうですか,失礼しました。

あの…三津さんはいつ帰って来はるんでしょうか。」

 

 

三津の事が心配で心配で堪らないと顔に書いてある。

 

 

『この人本当に三津さんが好きなんだな…。』

 

 

そう思うと,チクチクと胸が痛む。

屯所に来るのを反対しながら,結局は三津が傍に居る事に慣れてしまった。

 

 

好きな人に毎日会える幸せを当たり前に感じてしまっていた。

その割に三津が危険な目に遭う時は,情けないぐらい傍にいない。

 

 

「こればっかりは土方さんの気分次第でしょうか…。」

 

 

何だか申し訳ない気持ちで一杯だった。

帰ってから,三津への気持ちをもっと募らせるんだろう。

 

 

「そうですか…。長々と申し訳ありません,私はこれで。」

 

 

ぺこりと頭を下げて着物を翻した。

それを見届けて,総司はいそいそと屯所に駆け込んだ。総司が土方の部屋へ向かうと,遠巻きに土方の部屋の様子を窺う永倉,原田,藤堂と他の隊士もちらほら。

 

 

「あ!総司!何とかしてやってよ!」

 

 

藤堂が小声で呼びかけて手招きをする。

« そう思うなら聞くんじゃねぇと思わ | トップページ | 結局三津と吉田は河原でまったりして着物を取 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そう思うなら聞くんじゃねぇと思わ | トップページ | 結局三津と吉田は河原でまったりして着物を取 »