« そして散歩に連れ出された本当の意味 | トップページ | そう思うなら聞くんじゃねぇと思わ »

2023年12月26日 (火)

そして今日地図と手土産を手

そして今日地図と手土産を手に初めてのお遣いに向かう。

 

 

「それじゃあ行って来ます!」

 

 

元気に玄関を出て門へ向かうちょっとの距離で思わぬ障害が立ちはだかった。

 

 

梅が前川邸に駆け込んで来るのが見えた。https://techbullion.com/unraveling-the-mystery-is-frequent-pain-every-month-endometriosis

そして三津に向かって猪突猛進。

 

 

「お三津ちゃん聞いてよ!あの人ったらね!」

 

 

勢い良く梅にすがりつかれ,三津の体は大きく仰け反った。

 

 

「何事でしょう?」

 

 

とりあえず話を聞くぐらいの時間はあるだろう。

台所でお茶でも飲んで落ち着こうと勝手口へ誘導した時,たえの姿を見つけた。

 

 

「おたえちゃん!聞いてぇ!」

 

 

今度はたえに猪突猛進。

 

 

『よっぽどの事があったんやろうな。』

 

 

たえを前に泣き出してしまった梅を眺めていると,何か背中に突き刺さるような感じがした。

 

 

ゆっくりと振り返ってみると不機嫌な咳払いをつき,自分を睨みつけている土方の姿。

 

 

『あぁ…刺さってたのはあなたの視線でしたか。』

 

 

「さっさと行け。そしてさっさと帰って来い。」

 

 

地を這うように響いて来た声に三津の背筋がピンと伸びた。

 

 

そして肩をすぼめ,行って来ますとへらっと笑っい小さく手を振り一目散に門へ向かった。

 

 

だからこそ,門を飛び出し八木邸を通り過ぎた後の解放感は何とも言えず嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さぁ気を取り直して行くぞ!」

 

 

道の真ん中で右手を高々と掲げた後,懐から礼状と一緒に受け取った地図を取り出した。

 

 

伺う家を確認しようと広げたのだが,

 

 

「真っすぐ行って……右。

何で文字やねん!」

 

 

開いた紙切れには土方の字で“真っすぐ行って右”とだけ書かれていた。

 

 

『柄にもなく達筆やし!』

 

 

こんな地図役にも立たんと怒りに任せてくしゃりと握り締めた。

 

 

図が描かれていないのだ。そもそも地図ではない。

 

 

今頃これを書いた土方はほくそ笑んでるんだろうな。

忙しいから代わりに自分が行くと言うのに,こんな下らない事をする暇はあるらしい。

 

 

悔しいが真っすぐ行って右に曲がるしかない。

 

 

「最初から地図なくたって行けるし!」

 

 

やれば出来る子だもの。

負けず嫌いに火が着いた。

田畑ばかりの道をひたすら真っすぐに突き進む。

 

 

すると少し先に人が立っているのが見えた。

道の端に立ってぼーっと山を見つめている。

 

 

この畦道には不釣り合いな立派な装いをした恰幅の良い男だ。こんな畦道だからこそ目立つお武家様。

どこか遠くを見つめているのが気になる。

 

 

『どうしたんやろ。こんな所で迷子?』

 

 

この辺りには農家しかない。

武士が居ると言えば新選組の屯所だが,

 

 

『みんなと着てるモノが違い過ぎるなぁ…。』

 

 

じっくりと男を眺めつつ,新選組の貧しさを嘆いた。

 

 

みんなの着物は良い物じゃない。洗うさいには破かないように細心の注意を払ってるんだから。

 

 

破ってしまったら繕うのはたえか三津。

自分たちで仕事を増やす真似はしたくない。

 

 

そんな事を考えながら男の後ろを通り過ぎた。

 

 

「はぁ…。」

 

 

三津が通ったのと同時に深い溜め息が聞こえた。

 

 

それには足を止めて振り返ってしまった。

遠くを見つめての深い溜め息。

間違いなく何かに悩んでいる。

 

 

『こんな所で油売ってる場合ちゃうけど…。』

 

 

何もない畦道で,この場に似つかわしくない格好のお武家様が深い溜め息をついている。

それだけで三津の妄想は膨らむ。

 

 

『あんな立派なお武家様がこんな所で溜め息つきながら遠く見てるって,もしかして…。』

 

 

死に場所を探しに来たのでは…。

三津の目に浮かんだのは血まみれで横たわる男の姿。

 

 

「それはアカン!早まっちゃ駄目!!」

 

 

「何だ!?」

 

 

三津は目を潤ませながら男の着物を握り締めていた。

 

 

急に見知らぬ娘に泣きそうな顔で着物を掴まれた。男は驚きの余り口を開いたまま狼狽えた。

 

 

「何か辛い事あったんかもしれませんけど早まったらあきません。」

 

 

三津は私で良ければ話を聞きますからと半べそをかいていた。

 

 

「儂はそんな思い詰めた顔をしておったか?」

« そして散歩に連れ出された本当の意味 | トップページ | そう思うなら聞くんじゃねぇと思わ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そして散歩に連れ出された本当の意味 | トップページ | そう思うなら聞くんじゃねぇと思わ »