« そこまでかんがえた | トップページ | を牽制、必要に応じて攻 »

2023年9月28日 (木)

をしている。

をしている。

 

 みなに注目されていることに気がついたかれは、ちいさく咳ばらいをした。

 

「生きていてほしいのだ」

 

 それから、付け足した。

 

「以上でございます」

 

 そして、顯赫植髮 

自分自身の声でそうシメてから叩頭した。

 

「どうする、土方さん?」

 

 蟻通が沈黙をやぶった。

 

「情報が整理できていないゆえに、いますぐどうするってことはいえないな。いずれにせよ、いますぐどうのこうのというわけではない。まだ斎藤らにも会えていない状況だ。会津からのをまち、出陣する。ぽち、ご苦労だった。それで、なんとか会えぬようにはできぬか?」

 

 どちらにせよ、いますぐ「はい、さようなら」っていうわけにはいかないし、するつもりもない。

 

 会津侯の気持ちはうれしいが、おれたちにだって恩義を返すという、いわば目標のようなものがあるのだ。

 

「そうおっしゃられると予想しておりました」

 

 俊春は、かっこかわいいに、にんまりと笑みを浮かべた。

 

「中将には、かならずや土方が参上いたしますと伝えております。家老の田中様、西郷様には根まわしをいたしました。もう間もなく出陣のがくだりますゆえ、その戦をおえた後あたりにお会いいただけるかと」

「くそったれ。兄貴に負けず劣らずできすぎだな、ぽち」

 

 さすがは俊春である。副長がなんとしてでも会津侯に会いたがることをみこし、根まわしをおこなって約束までとりつけている。

 

 副長も、言葉は悪いがめっちゃ感心している。

 

 それにしても、副長もかれをほめるのにもっといい表現があるだろうに。

 

 ちなみに、会津藩の家老の一人にしてはめずらしく新撰組に好意的で、京時代から新撰組との調整をおこなっている。

 

 その田中は、会津戦争で自刃する。

 

 おれが救いたいリストに名を連ねる一人である。

は、会津戦争で戦いつづけるがいずれも負けてしまう。

 

 このまま会津はおわってしまう。

 

 そう実感したのであろう。西郷は、会津侯に会津侯自身の切腹でもって降伏するようすすめる。それにたいして、会津侯をふくめおおくの同僚が怒り狂う。

 

 まぁそれだけストレートにすすめれば、怒り狂うのは当然であろう。

 

 の危険を察したかれは、長男を連れて逃げてしまう。そして、蝦夷へと向かう旧幕府軍に合流し、蝦夷で戦うのである。

 

 かれは、この戦を生き抜く。たしか、明治三十五年か三十六年で死ぬように記憶している。

 

 ちなみに、かれの妻子など親戚十二人は、自邸で自刃する。

 ゆえに、かれとかれの長男だけが逃走したことが卑怯であるいう評価と、身内は立派に果てたことから、会津藩に最後まで忠誠を貫いた忠臣であるというビミョーな評価があるようだ。

 

「主計、あとできかせてくれ」

 

 おおっと、めずらしいこともあるもんだ。

 

 副長が、おれに頼んできた。

 

 ふふん。

 土方君、なんでもきいてくれたまえ。自称「幕末オタク」、もとい「幕末史王」のおれが、どんな問いにもこたえてみせようではないか。

 

 って調子にのっていたら、また副長ににらまれた。 そのタイミングで、市村と田村があらわれた。障子をあけっぱなしにしているので、二人は廊下にだらだらと手持ち無沙汰な様子で立っている。

 

 廊下側に座っているのでそちらのほうへ頸をまわすと、あらわれたのは二人だけではないことがすぐにわかった。

 

 廊下に正座し、叩頭している二人の少年がいる。どちらも、白い肩襷に同色の鉢巻を巻き、シャツにズボン姿である。

 

 白虎隊の隊士たちである。

 丘で会った伊東と、もう一人はそのときにはいなかった子である。

 

 そういえば、『明日の道場の場所をしらせにだれかをいかせる』といっていたっけ。

 

「副長、友達がきました」

 

 市村が報告した。たったそれだけのフレーズなのに、ツッコミどころ満載すぎる。

 

「おいおい」っていってやりたくなる。

 

「鉄、銀、いつもいっているだろうが。ちゃんと作法はまもりやがれ。

 

はちゃんとできているのに、おまえらはなんだ?はずかしくないのか、ええ?」

 

 二人の不作法に、副長がキレた。とはいえ、しょせんの子どもたちである。副長もなかばあきらめモードになっている。

 その証拠に、副長の眉間の皺はそこまで深くも濃くもおおくもない。

 

「はーい」

 

 二人は、ある意味どころかとてつもなく大物である。注意されてもなんのその。仕方なし感満載の様子で、だらだらと正座をした。

 

「鉄、銀。作法にしばられすぎるのはよくないが、最低限はまもったほうがよい。今後、ほかの隊や藩と行動をともにすることになる。その際、おまえたちが不作法であれば、おまえたちが笑われるばかりか、副長も笑われることになる。さらには、新撰組全体が笑われてしまうであろう。みなから指を指され、あれが礼儀もわきまえぬ新撰組だと蔑まれることにでもなれば、おぬしらも気持ちのいいものではなかろう?」

「はい、ぽち先生」

« そこまでかんがえた | トップページ | を牽制、必要に応じて攻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そこまでかんがえた | トップページ | を牽制、必要に応じて攻 »