« 2022年10月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年11月

2022年11月25日 (金)

だが、散々寝ていた

 だが、散々寝ていたせいか寝付けず、気付けば空が明るみ始めていた。桜花は障子を開けると縁側に出る。身に付けているのは浴衣一枚だけのため、芯から底冷えするような冷気に身震いをした。

 

 雪が朝焼けに照らされ、煌めきを放っている。白い息を吐きながら、空を見上げた。

 

「……やっぱり冬だ。雪があるんだもん、冬に決まっているよね」

 

 桜花は両手で顔を覆うと、botox額頭紋 

深い溜息を吐く。

 

「冬じゃのう。京の冬は骨身に滲みて嫌じゃ」

 

 その時、真横から声が聞こえた。手を退けて声のする方を見ると、胸元をだらしなく開けた浴衣姿の男が立っている。

 

 

「ひ、」

 

 思わず悲鳴を上げそうになったが、その口元を男が素早く覆った。

 

「おっと、大声はくと、風邪引くけえ。……で、君は何者なんじゃ」

 

 怒ったり心配したり忙しい男だと思いつつ、桜花はそれを肩に掛けた。二人は向かい合うようにして座る。男は腕を組みながら見定めるような視線を桜花へ向ける。

 

 その威圧感に桜花は居た堪れない気持ちで肩を竦めた。

 

「その、鈴木桜花と言います。京都に住んでいて、お祓いの為にこの山に来たのですが……」

 

 言葉を紡ぎながら、桜花は此処に来るまでの記憶を遡る。

 そこへスッと襖が開き、隣の部屋から藤が現れた。

 

「おや。二人とも早いじゃないか。その話し、私も聞かせて貰おうか。今朝は冷える、茶を淹れようかね」

 

 藤の促しにより、二人は囲炉裏の前に座る。湯気の立つ湯呑みがそれぞれの前に置かれた。男の促しにより、先程の話しの続きになる。

 

 

「……季節は夏だったのです。山を登っていると鳥居があって。それを潜った途端に霧が出て来たような気がします……。それで、お坊さんに話し掛けられて……。そうだ、崖があって……」

 

 話すうちに桜花は口ごもった。あの時崖から落ちた筈なのに、何故怪我一つせずにこうして生きているのかと疑問に思う。

 

 

「崖かい?山だから何処かにはあるだろうが、桜花が倒れていた場所には無かった筈だよ」

 

 藤の言葉に、そんなと桜花は声を漏らした。確かに足を滑らせたのだ。今でもあのヒヤリとした感覚は覚えている。

 それらを聞いていた男は冗談だと笑うこともなく、真面目な表情になった。

 

 

「それって、神隠しか……はたまた だが、その手首を男が掴んだ。

 

「待て、開国派の手先じゃないっちゅう証拠をまだ見せてもろうちょらん」

 

「だから、カイコクハって何ですか。私はそんなのは知りません!」

 

 睨み合う二人の間へ、まあまあと藤が入る。何故か藤に諌められると気持ちがスッと落ち着くような気がした。

 

 

「神隠しにあったのだから、本当に時勢を知らないのかも知れないじゃないか。……桜花、今の世は物騒なんだ。目立つ格好は命取りになる。着物を貸してあげるから、せめてそれを着なさい」

 

 

 口々に洋服を否定され、桜花の頭は混乱する。この二人が浮世離れしているのか、本当に自分がおかしいのか分からなくなってきたのだ。

 

「……藤婆がそう言うなら。それに今日もこれから吹雪きそうじゃ。山を降りるには適さん」

 

「吹雪って……。あんなに晴れていたのに?」

 

 

 桜花はそう言いながら立ち上がると、障子を開ける。すると、空は灰色の雲に覆われており、既に大粒の雪がちらちらと舞っていた。

 

 言うた通りじゃ、と男は得意げになる。

 

「今夜も泊まっておいきよ。無理はしない方がいい」

 

 目尻の皺を深くしながら、藤は優しげな表情で語りかけた。桜花は元の席に座ると、少しの間の後に小さく頷く。

 

 

「そういやあ、桜花は武術の心得があるんか?女子じゃ思うて油断しちょった僕が悪いんじゃが、男の足を掛けて飛ばすなんて、大したものじゃ……。手にも剣だこがあるのう」

 

 そのように指摘され、桜花は手のひらを隠すように握った。前世の記憶を呪っておきながら、竹刀を握ることだけは止められなかった。手の皮は厚くなり、若い女の手とは思えないほどに固い。

目の前は佼河で橋の先に

目の前は佼河で橋の先には敵、西は山地があって、⽉經量多 

残りは森林があり上手くないぞ。真っすぐ南の細道を戻ろうとするならば、後備を喰われるのは目に見えている。もし三千位も伏兵が居て、移動を阻害してきたら、圧倒的に不利な状況に陥る。

 

「それでは島将軍、準備が整いましたので南宮城へ戻りましょう」

 

「うむ、そうするか。それで、俺はどうしたらいい」

 

「こちらへどうぞ」

 

 幕を出ると徒歩で橋がある北側へと歩いていく、敵陣を突破して戻れというならば試してみる位は受け入れるぞ。きっと途中で迷子になるだろうがね。

 

 暗い中で僅かな篝火を使って作業をしている兵らが見受けられた。そいつらは木柵を引っこ抜いては、二つを一組にして縛って、河に浮かべてそのまま乗り込んでいるではないか。

 

「なるほどな、こいつは気づかなかった」

 

 木柵の正体は簡単な筏だったわけか、確かに数キロだけ下れればいいんだ、そいつで充分。あんなに沢山分厚く立ててどうするのかと思っていたが、使い道から逆算していたわけか。

 

「でしたら公孫賛もまた同様でありましょう。数時間気づかなければそれで結構、日の出にはもう誰も居りませんので」

 

 二交代で早めに仮眠をとらせていたが、無事に帰るために睡眠を削るということならば不満も出ないか。まさに戦いはこれから! というところで姿が無くなるんだ、公孫賛も肩透かしをされてさぞや開いた口が塞がらんだろう。

 

 筏に乗り込むと、中央の突起に矛を縛り付けて十字にしてそれに捕まり転落しないようにする。それこそ小一時間だけ流されたところで、中洲がある小島と、南の陸地に渡されたロープを掴んで次々と上陸、使用済みの筏は全部下流へと流してしまう。

 

 二千程が集まったところで東から南東周りで南宮へ大回りで戻るように進路をとることにした。これまた暗夜一時間程歩いたところで、小高い丘に廃城跡があったのでそこで待機。後続が集まるまでそこで飯炊きをしたりして休むことにする。

 

「鮮やかな手並みだな荀攸殿」

 

「某に一切をお預けされた以上、当然の結果に御座います」

 

「俺としても任せることが出来て楽で結構。実は俺なんて居ない方が色々と自由に出来ていいんじゃないかとすら思っているぞ」

 だってそうだろ、許可も不要でこれといった制限もない。思う存分知略をふるえる方が絶対にやりやすい。

 

「島将軍あってこそのことに御座います」

 

「もし文句があるならば真っ向言って欲しい。俺はそんなことでは怒りはしないし、また言われているうちが華だと思っているクチだからな」

 

 言いたいことが言えなくなったらそこが転機だ、あとは徐々に崩壊していくだけ。少なくとも俺はそうだと信じている。何でも言える職場、それをつくるのが上司の務めだってずっとやってきた。万が一追手が掛かれば面倒なことになる、休憩も少なく集合が出来次第出発した。

 

 その日の夜中には南宮に到達し、兵らは即座に解散、部将らだけを集めて戦況確認をすることになる。といっても深堀せずに認識を整えるだけだぞ。程喚に守備を任せて皆が丸一日の休息を得る、その頃には公孫賛が悔しがったという報も届いていた。

 

「広川城を取り返して、信都へ攻撃をかける準備が進んだわけだ。沮授は何か言って来ているか」

 

 執務室で報告書類に目を通しながら、荀攸に問いかける。高邑に守備兵を増員したか、弩を堂陽にも回したと配置替えの連絡が入ってるな、趙浮が前進したと。

 

「信都東の山に砦を設置するとのことです。張合殿との連絡線を確保するという意味でも、公孫賛にとっては目障りなものかと」

 

 ふむ、あのあたりか。大軍で囲まれれば守り様もないが、そんな場所に大軍で出向けばその他の場所ががら空きになる。さしたるプラスは産み出しはしないが、マイナスを打ち消す部分はある。敵が居て初めて効果が出る砦だ、今欲しい拠点だな。「頼もしいな、そうやって自発的に動いてくれると。張合はどうしている」

 

2022年11月23日 (水)

太守になり任地へ赴任

 太守になり任地へ赴任しようとして、道が通れず諦めた人物がどれだけいたか。自然の山林があり、高い場所へ登り方角を確かめる。多分こちらだろうと歩き続けてようやくたどり着ければ成功で、誤ってどこか別の場所へ行ってしまうなど日常茶飯事だ。

 

 五千の部隊の先頭が林の中で停止し、昼過ぎには野営の準備を始めだす。最後の部隊が郷を出発したのとほぼ一緒の時間だ、細い道ではこのように効率が極めて悪い。せめて四人で横に並んで歩けたら二倍以上歩けるのだが、断崖絶壁が左右にあるのでどうにもならない。

 

 陽が落ちて暫くすると、どこからか鈍い音が聞こえてきて響く。期貨意思 

幕を出て確かめようとしたがよくわからない。

 

「おい何があった!」

 

 王方は部下へ怒鳴ってみたが誰にもわからない、そのうち後方の部隊から伝令がやって来て「後ろの道が落石でふさがれました!」と報告をしてくる。あの細い道で落石があれば簡単には越えられないだろうと顔を蒼くする。

 

 そのうちまたドーンという音が聞こえる。

 

「こ、今度はなんだ!」

 

 怒鳴ろうと叫ぼうと誰も答えてはくれない。だがそのうち状況がはっきりとしてきた。暗闇の中であちこちが明るくなる、どうしたのかといえば燃えているからだ。ではなにが燃えているのか、火矢だった。

 

「て、敵襲!」

 

 銅鑼を鳴らして総員に報せる。頭上から矢が飛んできているが、暗闇の先がどうなっているかわからない。この場から逃げようとしても前も後ろも大混雑だ。

 

「こ、こっちも落石してるぞ!」

 

 一本道が前後共に落石、完全に罠に嵌められたのを理解する。火矢が徐々に燃え上がり、辺り一面が夜なのに明るくなった。「この広がり様、油をまかれたか!」

 

 上から石焼の壺などに入れた油を投げつけられて、あちこちで燃え上がる。ご丁寧に燃えやすいように松明のようなものまで投げ込まれ、阿鼻叫喚の地獄絵図が広がった。逃げ惑う兵士、だが行き先などどこにもない。

 

 落石を越えて長社へ向かおうとした者は牽招の部隊に出くわしてその全てが殺されてしまう。岩場の上からは荀攸が状況を伺っていた。何とか華石津へ逃げようとした者だけが、火傷を負って引き返すことが出来た。それらが船にまでたどり着けたかはわからない。

 

 荀攸は以前訪れた際に郷長とこう話をまとめていた。浅瀬に杭をうちつける代わりに、もし軍船が繋がれたら全てを郷で接収出来るよう取り計らうと。その際には董卓軍は潁川軍で倒すという条件も付けて。

 

 懐疑的ではあったが荀氏の提案があったのだ、その場では納得して今日と言う日を迎えることになる。林が燃えていると聞かされ起きた郷長だったが、荀攸が何かをしたんだと悟ると「何か武器になるものを持ってこい! 落ちて来る奴らを皆殺しにして、船を貰うぞ!」そう号令する。

 

 胡軫が通過するときに徴発と称して財貨を失っていたので、董卓軍への容赦はなかった。怪我をして這う這うの体で逃げてきた兵を、皆で取り囲んで暴行殴打してまわる。一度攻撃的になってしまうと一般の民であろうと過激だ、少数だが残っていた船の見張りも襲ってしまい死体を河に流してしまう。

 

 夜が明けて正気に戻った頃には最早後戻りできないことに気づく。こうなれば荀氏についていくしかない、報復を受ける可能性を考え、どうすべきか使いを潁陰へ送ることにした。

 

◇ 易山道。高低差だけでなく、かなりの難所もあちこちに見受けられる。道が繋がっているところがあれば、行き止まりもいくつも存在していた。地元の猟師に頼み道案内をしてもらっているが、ここでもやはり荀氏の名声が役にたつ。

 

 当代の人物が潔癖に死を受け入れることで、次代の者達が名声を引き継ぐことが出来る、命を惜しまず名を惜しむ結果はこうだ。

2022年11月 6日 (日)

袁紹が開幕の挨拶とばかりに景

袁紹が開幕の挨拶とばかりに景気の良いことを言い放った。なるほど確かに奪われた河内の城と、榮陽は手に入れた。だが徐栄軍団は若干の被害を受けただけで、指揮には全く問題ない形を保ちどこかで様子を窺っている。そのうえで関所を抜けられずに大軍が留め置かれているのだ、勝利には程遠い。

 

「虎牢関の守将は都尉華雄。胡軫軍団の部将で武勇が聞こえてきている。安全期計算 彼の関所の兵は五千程、さてどなたが攻め落としましょうか」

 参謀という形で袁紹の近くにいる曹操が目の前の状況を軽く説く。地形上の有利は絶大だ、五千といえども適切に運用すれば十万を一年でも二年でも防ぎ続けることが出来る、それこそが虎牢関というもの。士気が上がっている、連合の代表らは我こそがと名乗りを上げた。袁紹は鷹揚に笑ってから「それでは日ごとに交代し攻め寄せることとしましょうぞ」なんとも無難と言うか、考え無しというか判然としないことを提唱する。

 

 兵力の過多、兵種の問題もあり、騎兵はこれを免除されたので、島介軍は歩兵のみ陳留の張貌軍と共に攻撃に参加することになった。

 

 順繰りで五日、十日たち、二周目のローテーションに入るころ再度本営で招集がかけられる。丁度曹操の幕に呼ばれていた島は、そこで報を聞きつけた。

 

「宴会のお誘いが来たようだぞ」

 

「この調子では十年したって虎牢関は落とせんというのに、本初の奴め何をするつもりやら」

 

 二人の側近以外に姿が無いので、袁紹のことを本初と呼んで息を吐く。担当日以外はこれといってやることが無い諸侯らは、親交を深める意味合いと暇つぶしを兼ねてそれぞれの幕を行ったり来たりしていた。

 

 軍規の緩さは異常で、一日かけて歩けば懐や榮陽に行けるので、非番の部隊は補給と休養で後方に行ってしまったりもある。かといってそれを責めるに責められるはずもなく、互いが黙認するしかない。指揮下に居ない軍勢など、どれだけあっても邪魔でしかないとはこのことだろう。

 

 曹操も島介もある種の確信があった、自分達の兵は軍営を離れるのを禁止していたが、後方へ行った部隊らは娼館なりで絶対に内情を喋ってしまっているだろうなと。「画期的な作戦を思いついた、とかなら良いが」

 

「あの面々でそれはないぞ。連合でそれが出来るのは、俺と島殿の二人だけだ。ははははは!」

 

 お得意な曹操のよいしょが飛び出す、こうやって自分と相手を持ち上げることで上になろうという目論見なのだ。それが悪いかと言うとそうではない、その上でごくごくまれに本心を述べたりもしていた。

 

「大体あんな関を正面から攻撃するなど、気がふれたかとすら思ったよ」

 

 誰に邪魔されずとも、攻城兵器が無ければ門を破壊は出来ないし、壁をよじ登ることも出来ない。弓矢を射上げても威力は半減するし、長い梯子など登っている最中に攻撃を受けて転落してしまう。百害あって一利なしとはこれだ、こちらの士気は下がり死傷者はあちらの百倍、兵糧は減り続け不満は仲間割れの原因を作り出す。

 

「何もせずに捨て置くわけにもいかんが、今のやり方はうまみがない」

 

 ここで腹案を出してやるほどお互いに切羽詰まっても居ないせいか、自然と会話が途切れた。

 

「仕方ない、本営へ行くとするか」

 

 曹操が腰をあげると、島介も共に立ち上がる。一旦自身の幕に戻り、荀彧を伴い本営へ向かう。遅刻も良いところではあるが、そうしたところで誰が文句を言うわけではないので気にせずに行く、すると。

ともあれ、反董卓連合軍

ともあれ、反董卓連合軍は未だに酸棗から動きもせずにずっと酒宴を続けているだけ。それでも献帝との接触を断ち切るためと、己の影響力が極めて強い涼州の傍にある長安へ遷都を強行。三月初頭についに未央宮に入ると、そこで国政が再開される。

 

 軍勢と共に畢圭苑と呼ばれる屋敷に残った董卓、where to invest in a bear market  連合軍の攻撃が来ないかを見極めるために共には動いていなかった。代わりに董旻や董曠が献帝の傍に居るので、そちらも手抜かりはない。 ここで連合軍に悲痛な報せが届くことになった。太傅袁隗と太僕袁基が処刑されてしまったと聞かされる。これにはあの袁紹も眩暈を起こす、よりによって袁家の当主が処刑された、仇敵となったのだ。

 

 屋敷の望楼から外を眺めていた島が「そろそろだな」小さく漏らす。泰山へ逃げて行った王匡が徴兵を行い、数千人を集めると酸棗へ合流した、それだけでなく青州刺史焦和も参陣。曹操に至っては丹楊や盧江で徴募を繰り返し揚州から遥々帰還している。

 

 袁紹も流石に悪かったと思ったのか、曹操らの勇士を褒めたたえると連合に再度名を連ねるのを承知した。公孫賛も到着こそしていないものの、連合軍への参加を叫んだ結果、今や十七もの軍が集っていることになる。

 

「島長官、万全の態勢で待機しております!」

 

 北狄の北瑠が今か今かと待ち続けている、これまでは戦があるならば戦うといった姿勢でしかなかったが、劉協を取り戻すまでに狂乱されて巻き込まれてしまっては孫羽将軍に合わせる顔が無い。

 

 近衛騎兵らはしっかりと長安へ同道している、ならばむしろ洛陽に董卓が残っている今こそが好機と島も判断した。

 

「酸棗へ向かうぞ!」

 

 張遼らを始めとした部将が、黒兵を率いて島の後についてくる。軍営の前で兵士に止められた。

 

「貴公は何者でありましょうか」

 

「俺は恭荻将軍島介だ、反董卓連合に参加しにきた」

 

 恭荻将軍の官職は剥奪されずに残っている、正式な任官をしている将軍なので太守と同格の重みがあった。歩兵校尉がどうなっているのかは不明だ。少数の側近のみ同道を許されたので、荀彧と典偉を指名し三人で幕へと入って行くと視線を集める。「おお、島殿ではないか!」

 

「袁紹殿、曹操殿、ご無沙汰しております。近隣だというのに遅参ご容赦ください」

 

 盃を置いて袁紹が島へと歩み寄って行く、同時に曹操もやって来た。知らない顔ばかりではあるが、それはお互い様なので曹操が紹介をする。

 

「皆聞いて欲しい、彼は恭荻将軍島介、我等の同志だ。あの孫羽将軍の後継者であれば、董卓と相容れんことも得心するであろう!」

 

 孫羽将軍というところで場が騒がしくなる。良くも悪くも名が知れていた、印象としては今一つ馴染めない者が多いだろう。

 

「それで島殿の兵力はいか程かな」

 

「北狄騎兵二千と歩兵千、それに有能な将が両手で数えられないくらいだ」

 

 後ろに控えているのが荀彧で、そちらは見知っているものが多かった。明らかに名声は荀彧の方が高いので、それを連れていることで納得する。

 

「盟主殿、どうぞ宣誓を」

 

 曹操がここまでお膳立てして言葉を促した。今はとにかく仲間を増やし、董卓を攻撃することに傾けようと必死だ。

 

「うむ。では盟主である袁本初が、恭荻将軍島介を第十八鎮として認める。共に戦って貰いたい」

 

「承知した! それでいつ出陣のご予定で?」

2022年11月 4日 (金)

サンプル間隔が年から短

サンプル間隔が年から短縮されていることを除いて、同じプロットです。

始まり。このグラフは、最近のデータにおけるバリューとモメンタムのリターンの間の緩やかな負の相関関係を示しています。

事実; これは、年代後半から世紀にかけてのテクノロジー ブームの時期に特に顕著です。

最初のテクノロジー バブルが崩壊し、futu trustee 年から年にかけて世界的な金融危機が発生しました。

このため、現代の株式市場におけるクオンツ投資戦略は、多くの場合、バリューとダイナミクスを組み合わせようとします。

量。 これらのポートフォリオのリスクに関する他の つのポイントは、で見ることができます。最初

つは、大恐慌、テクノロジーのブームと破綻、または完全な崩壊などのボラティリティを高めるフェーズです。

世界的な金融危機は、市場の利回りだけでなく、ロングとショートのポートフォリオの利回りにも影響を与えました。

第 2 に、累積的なモメンタム リターンは時折、特に大きなドローダウン (以前のピークからの下落) の影響を受けます。

年代の大恐慌の始まりと年の世界的な金融危機から

蘇生中に見ることができます。

ベータ、バリュー、サイズ、モメンタムは、株式リターンのクロスセクションに関する文献の議論の中心ですが、

現象ですが、他にも多くの変数が横断的なリターンを予測することがわかっています。よりもいくつか

より顕著な現象を以下に簡単に要約します。 企業イベントや株式アナリストの世論に同意する論文が多数

変化は、即時の株価を同じ方向にドリフトさせます。高い初期収量と高いフォローアップ

利回りが相関していると、この事後ドリフトは価格モメンタムと同じですが、最初は

イベント発生時は初期還元率が異なります。

古典的な例は、企業が予想を上回る収益を発表する事後決算ドリフトです。

企業が予想よりも低い収益を発表すると下向き 売上高と固有のボラティリティは、か月間のものと同様に見えます

リターンはすべて負の相関があります

、ただし、離職率は短期的にプラスの効果をもたらす可能性があります。ディーターによれば、

の文献分析では、これらの現象は株式分析に関連している可能性があります。

企業の見通しに同意しない投資家は積極的になる可能性が高いため、教師間の反対意見は負の相関関係にあります。

取引を行うため、ボラティリティが発生する可能性があります 会社のインサイダー取引が将来の株式リターンを予測するという証拠

利回り [、買い [および

と型にはまらない販売手順の販売 [

はより強力な証拠を持っている 設備投資や総資産など、会社の資産成長の変数を把握する

成長 [

は、その後のリターンと負の相関があります。これは、企業債務の増加を捉えるために重要です

の変数

ティットマン (後の利回りの差は関連する現象かもしれません 広範な会計文献は、現在の収益と将来の収益のさまざまな要素を主張しています

相関の程度はさまざまであるため、投資家が完全に予測できない場合でも、利回りを予測することができます。

これらの違いを識別します。古典的な例は発生部分です(大まかに言えば、非流動的です)。

現金の流動資産の増加は、流動負債の増加を考慮していません) は、利益の現金部分よりも可能性が低くなります。

« 2022年10月 | トップページ | 2023年1月 »